掛払いができる、消耗品発注サイトをまとめました

レジロールやボールペン、販促に使用するプラケースなどを購入するのに、インターネットショッピングなどを使用するケースが増えています。スーパーなどの小売店で購入するのに比べ取りに行く手間がないこと、また何といっても請求書払いのため支払タイミングを遅らせることができるのが最大のメリットなのではないでしょうか。

そこで今回は主要5サイトの消耗品発注サイトをまとめるとともに、スマートフォンアプリの使用心地についてもまとめました。

サイト①ASKUL

 

今日頼んだものが、明日届く。というのがうりのASKUL。個人向けにもLOHACOブランドで通販事業を展開しており、幅広い品揃えが魅力です。

また、ASKULには法人向けであることから「消耗品発注承認システム」が存在します。これは、ASKUL上で購入する前に上長が発注許可をだすことができるシステムで、これにより無駄なペンの発注などを減らして行くことが可能です。

サイト②イークイックス

富士ゼロックスが提供しているサービスで、事務用品が充実しています。コピー用紙の値段は、他のところよりも安価に抑えられていたと記憶しています。

サイト③モノタロウ

ものづくり専用の通販サイトです。他のサイトで扱っていないような液晶ディスプレイなどの電子部品から、ヘルメットや長靴、作業着というような現場で使用する消耗品の発注まで行うことが可能です。他の通販サイト出ない場合には、ぜひ当たりたい通販サイトの一つです。

サイト④たのメール

 

大塚商会が展開している日用雑貨のサプライサービスです。大塚商会はIT商材なども数多く取り扱っているため、日用品に留まらずあらゆるものを(たのメール以外のものを含め)一気にお願いできるという安心感があります。また値段もASKULやイークイックスと比べても大きく変わりません。

サイト⑤Amazon

言わずと知れた通販サイトの大手「Amazon.co.jp」。昨年から法人サービスも提供し請求書払いなどにも対応しています。
しかしながら、Amazonの問題点としてマーケットプレイスでの販売物があるでしょう。信頼度の低いショップなどではお金をふりこんだが商品が届かないケースも散見されます(※このような場合でもAmazonよりマーケットプレイス保証で支払った金額は返ってきますがタイムロスが発生します)。

 

いかがでしたでしょうか。近場の商店で見つからない場合には、このようなオンラインカタログを使用することで、思いがけずいい商品を見つけることが可能です。ぜひ、試してみてください。

カテゴリーblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください