簡単にホームページに予約受付欄を作れるオススメWordPressウィジェット3選

WEB上でお客様から予約を受け付けるために日付選択機能のついたウィジェット(入力するための小さなブログパーツ)をつけること、案外あったりします。
でも、そんなパーツには何があるの?どこで作れるの?というのはあまり知られていない(探しにくい)ものだったりします。

そこで、今回は比較的安価に使用できるものに絞って3つほど、高機能な連絡用入力フォームが作成できるサービスを紹介します。

WordPressプラグインは手軽に無料で試せる

今回紹介するのはWordpressというブログツールにインストールするタイプのものです(Wordpressについては→サーバー会社)。プラグインと言われるいわゆるパーツを自由に足しては無効化することができるため、納得のいくものを剪定していくことが可能です。

vCita ( https://www.vcita.com/ )

このホームページでも使用しているコンタクトフォームです。
サイトの右下にボタンを表示し、また滞在時間が長い人に対してアラートで行動を促すことができるのも大きな特徴の1つとなっています。
値段は1サイトあたり29$としますが、Google Calenderとのシンク機能、メッセージポータル機能も揃っているので、連絡の一元管理、外出先でもアポイントの把握などがシンプルにできます。
※ちなみに、PayPalなどのクレジットカード決済とも統合できます。便利ですね!

オススメの業態>>
・お客さんと金銭のやり取りをオンラインでもできるようにしたい
・自分自身の予定と連動し、空いている時間に相談等を受け付けるようにしたい(弁護士など)

ContactForm 7

こちらはWordpressに標準で付属している一般的な送信フォームです。
これにContact Form Date Picker ( https://wordpress.org/plugins/contact-form-7-datepicker/ ) を足すことで、日付の入力フォームを持ったコンタクトフォームを手軽に作成することができます。
無料で使用できますが、決済機能やGoogleカレンダーなどとの同期機能はもちろんありません。

オススメの業態>
・お客様の希望に合わせて店/企業の予定を決定、改めてお客様に連絡する必要があるとき
・単純に希望日時を伺い、空いている日程や混んでいる日程を考えて人数割り振りをしたい時

Booking Activity ( https://wordpress.org/plugins/booking-activities/#description )

ヨガや講演会などの予定を登録し、参加登録を受付することもできるプラグイン。
Googleカレンダーとの連携はありませんが、1つの時間帯に複数のアクティビティ(教室、講座)を設定することができることは大きなメリットといえるでしょう。
※WooCommerseとの連動により決済機能も持たせることが可能なようです。

終わりに:予約フォームは予約サイトのウィジェットを使用することもできる

いかがでしたでしょうか。ここまで紹介したのは自社サイトに予約フォームを掲載するとするとどうなるか?を金額で並べたものでした。
しかしながら、じゃらんやホットペッパービューティには自分自身のサイトへ導入するためのボタンが作成され、配布されているのではないでしょうか。ぜひそれらのフォームを利活用して、WEBにあまり時間の取られない働きをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.