電子レシートて?今注目されているサービス、紹介します。

昨年ドン・キホーテで導入された、電子レシート。

一体電子レシートとは?何がメリットなのか?

わかるようでわからないこのサービス。徹底的に見てみます!

電子レシートとは?


レジでかならずといっていいほどもらえる、レシート。あのレシートをデジタル化しよう!というのが、電子レシートです。

多くはiBeaconを使用したサービスとなっていて、スマホを特定の機器にかざすことでレシートデータがスマートフォンに転送されるという仕組みになっています。
でも、今のところ電子レシートのデータの形は不透明。規格もないので、経済産業省が現在策定に動いています。

三重県で2017/3に電子レシートの実証実験が行われ、個人情報を隠した形でレシートデータを店舗やメーカーに提供しよう!という動きが起こっています。

でも、なぜここまで普及が遅れたのか?

レジスターは、各メーカーが開発したもので、データの抜き出しには多くの制約が存在します。

レジで入力されたデータはバックヤードのストアーコンピュータなどに転送されるのですが、このコンピュータから電子レシートのサービスに売り上げを吸い上げるのには、30万円以上の費用がかかる(しかも、一店舗あたり)。NDA契約(機密保持契約)を締結しないと開発できないので、公開実績があっても導入したい!となったらまた契約の再締結で30万円がかかる。これではなかなか普及しないですよね。

実際にサービスを使ってみた

2015年以前からサービスを提供している店で、実際に電子レシートを使用してみました。


1. レジで「スマートレシートで!」といってアプリを提示するも、コレナニ?という会話が起きる

2.一旦ポイントカードを作成するよう指示を受け、会計を終了。その後サービスカウンターに向かい会員登録をするように言われる。


3. 次回の買い物から、会員証を提示すればレシートの情報が自動的にスマートレシートに入力されるよ!とのこと。

次回以降から紙のレシートない!ラッキー!という見方もあるかもしれないが、のこるのは毎回提示する会員証の数が年々増えていること…。

筆者の財布はいま、こんなに多くの会員証を抱えている。


本当に、貧乏になりそうな財布。

共通ポイントサービスが流行った理由とかを考えると…このサービスの流れはまだまだ改善の余地ありでは?そう思えます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください