Airレジなどのタブレットレジのデメリット!解決方法はあるのか?

Airレジやスマレジなど、iPadさえあれば簡単に導入できるiPad型レジが現在流行しています。Airレジを展開するリクルートは、昨年からビックカメラにAirレジ相談カウンタを設置し、今ではネット上ではなくオフラインで、店頭で直接見て触れて購入を決断できる体制まで整っています。
しかし、製品を購入する際に気になるのがデメリット。あまり表には出てこない情報で、実際のところ導入に二の足を踏んでいる企業・店舗も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はそんなタブレット型レジのメリット・デメリットをまとめてみました。これを読めば、タブレット型レジを導入する際にとるべき・とれる対応策をしっかりと認識できるはずです!

デメリット①iPadが必須であること

タブレット型POSレジの多くは、iPadでの利用を推奨しています(Airレジは2016年7月19日にAndroidのサポートを切りました)。iOSアプリとAndroidアプリの両方を開発するのが大変、というのも理由ですが、アプリ開発者としてはやはり端末の大きさ・スペックがある程度絞れる、というのが大きな理由です。
そこで問題となるのが、iOSのサポートについてです。iOSのアップデートのスピードは非常に速く、2008年のリリースから2016年に至るまで、10ものバージョンのOSが発表されています。そして、古い端末は徐々にサポートが切られ使用できなくなっているのです。
iPadもどのバージョンのものを購入したかによって異なりますが、一般的には3年〜5年で買い換えとなることが多いようです(最後の方になると、アプリがよく落ちるようになります)
いくら月額費用が安くても、数年に一度は10万円ほどの出費が発生する、ということは認識しておくべきでしょう。
※レンタルで借りるという方法もあります。https://www.softbank.jp/biz/mobile/contract/terminal/

デメリット②使用できる外部サービスに限定がある

無料のPOSレジ(たとえばAirレジ)では、使用できる外部サービスに制限があります。たとえばポイントサービスを導入したい際には、Poichiというリクルートが提供するサービスを使用しなくてはなりません。別の言い方をすると、もしサービスの品質が劣化した際に乗り換えコストが発生するということを意味しています。また、会計ソフト連携などをしていた方は、別の会計ソフトへの乗り換えを余儀なくされることもあるかもしれません(Airレジはfreeeと弥生会計に対応しています)
なお、外部サービス連携に柔軟なスマレジのようなサービスはありますが、月額で7000円〜のコストが発生します。今までのソフトを使用して引き続き業務効率化が図れるか、しっかりと比較・検討する必要があるといえるでしょう。

デメリット③盗難のリスクがある

端末自体に盗難のリスクがあります。今までのレジ自体を盗む人はいないでしょうが、iPadなら比較的簡単に盗み出すことができます。
しかし、この問題には以下のような対策を講じることで、比較的簡単に対応することができます。
・MDM(携帯端末統合管理サービス)を使用する。Ex)Docomo https://www.docomo.biz/html/service/biz_plus/anshin_manager/
・「iPhoneを探す」の機能を使用する。https://support.apple.com/ja-jp/HT205362
・盗難時にAirレジそのもののパスワードを変更する。
・iPad専用のワイヤーロックを購入する(4000円ほどです。https://store.shopping.yahoo.co.jp/nanos/4969887891100.html?sc_e=slga_pla )。

デメリット④インターネット環境がないと使用できない

タブレットレジサービスは、インターネットに接続していることを前提とするサービスで、インターネットが不通の際には使用できなくなります。
インターネットが通じなくなるケースとしては、以下のようなケースが想定されます。
・OCNやAsahiネットなどのインターネットプロパイダ側の問題で数分間切断される。
・光回線の工事の際に30分〜1時間インターネットが不通になる(※地方部で基地局から2km以上離れている場合に起こりやすいです)
・無線LAN機器の故障・設定ミス・ファームウェアアップデート。

これらの不具合は防げないものも多いですが、これらには携帯電話のテザリングサービスを利用することが可能です(テザリングとは、携帯電話を無線LANスポットとして利用することのできるサービスです。iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで使用できます)

 

いかがでしょうか。タブレットレジのデメリットを集めてきましたが、タブレットレジ自体には「新しい機能をすぐにいれられる」「売上を集計できる機能が安価で入手できる」といったメリットも多くあります。
代替策を考えておくことで、万が一の際にも対応しつつ、より効率的な店舗運営を実現することが可能となるでしょう。

カテゴリーblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.