電子レシートが普及しない3つの理由

あらゆるものが電子化される現代。事務所の書類がガリ版からWord/Excelになり、本がWEBに一部取って代わられ、そしてショップまでもがECという形でデジタル化されました。今では家の鍵や給与明細といったかなりセキュリティに気を遣わなくてはいけないものまでもが効率的に電子化されています。

しかし、未だに電子化が進まないのが「電子レシート」。財布の中で気がつけば多くのスペースを食っており「邪魔!」といってレジの横のゴミ箱に捨ててしまうこともある、あの最たるものがまったく電子化される気配がないのです。

実は電子レシートを扱うレジメーカもあります。では、なぜ普及しないのでしょうか?ここでは3つの理由を説明していきます。

日本のレジの半分は「東芝テック」製 & ネットにつながれていないレジも多い。

DSS・インフォメーション研究会公開の資料によると、日本のPOSレジの40%強は東芝テック製のレジとなっています。この数値はほかのメーカ(NEC 23.7%、富士通13.15% )に比べて圧倒的に高い数字です。そして大手の3社で多くのシェア(80%以上)を持っていることがわかります。つまり、寡占化が進んでいる、しかも1強がいる業界ということがいえます。

また、レジは大手スーパー・コンビニが多く採用しており、たとえば、主要なチェーンでは下記のようなレジが使用されています。

東芝テック:セブンイレブン、イオン、コープ、阪急百貨店、イトーヨーカドー など
NEC:ローソン、すかいらーくグループ、
富士通:東急百貨店 など

これらの大手で納入されているレジの特徴はオンラインで接続されていることですが、多くの個人商店のレジはオンラインで接続されていません
また大手メーカーのレジは高いなどの理由から、その他のレジメーカのレジを導入しているケースなども重なり、電子レシートの普及という点においてはレジの買い換えが必要なケースも多く存在します。

仕様の策定が閉鎖的であり、自由に開発できる余地が少ない

電子レシートには、実は表示の規格がすでにある程度制定されており経済産業省のホームページに仕様が公開されています(経済産業省)。仕様の策定は全米小売業協会が実施しており、日本ではそれを翻訳し検証などを行っています。
しかしながら、この仕様の下部には

本書の複製や使用は、ARTS メンバーが ARTS 標準の 採用に沿った目的で行う場合にのみ許容される。但し、変更や一貫性のない利用については、事前に全米小 売業協会の書面による承認を必要とする。そのため、本書の他者への提供は禁止され、本書へのコメントや、 説明、実施の支援となるその派生物(この「派生物」に、記載された標準を根本的に修正又は変更しない、 機能的な追加事項は含まれない)は、許可を得ない限り、全体又は一部においても標準を引用又は参照をし てはならない。

との表記があり日本側で勝手に仕様を変更することができないという問題があります(機能の追加は可能。Microsoftや東芝テック、レシートメーカも入り追加機能の仕様策定を行う動きは確かに存在しています)。

また現在のところ電子レシートを受け取るアプリ・統合プラットフォームが(TカードやRポイントのように)しっかりと整備されておらず「導入したくても導入できない」「導入するにしても効果の検証ができない」といった状況が続いています
費用を計上しても効果の検証ができない、月10万円ほど費用が流出するだけ。そのようなシステムに投資できる企業は、限られているのが実情でしょう。

コンプライアンス・個人情報保護の仕組みが整備されていない(=自分自身で情報の提供範囲を制限できない)

レシートを集めると「その人がどのような購買生活をしているか」がすぐにわかる仕組みができあがります。今までも家計簿アプリでクレジットカード連携をして自動で使用履歴を家計簿につける機能などはありましたが、クレジットの明細取り込みより正確な情報が電子レシートでは提供されることになります。電子レシート提供メーカとしてはこの正確なデータを外部に販売・提供したいト考えるのですが、あまりに正確・内容が細かいため情報の提供範囲を各個人で制限できるようにする必要がある、という考え方が主流です。

現在経済産業省で実証実験を実施し結果を集約している( https://mainichi.jp/articles/20170303/k00/00m/020/029000c )のですが、この実証実験の協力は東芝テックと博報堂です。博報堂といえば広告業界で電通に並ぶ巨大企業であり、各個人にかなり正確なプロモーションを届けたい(しかも動画で!)という思惑が透けて見えます。

まとめ:電子レシートの普及には「無料」かつ「スピーディ」にやる仕組みが必要不可欠

電子レシートの普及しない理由についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

総括してみると「電子レシートの普及に本腰を入れて、安い値段かつスピーディにやっつけないといけない!」という大きな問題が存在することに気づきます。

kvitancoでは、特定のレジメーカに依存しない形で、安い値段で電子レシートが導入できるプラットフォームを準備しております。デモ環境もご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリーblog

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください