インターネットは、どの店舗/会社でも必須となりました。固定線を引く場合も多いですが、意外とあるのが「屋外のイベントスペース/移動販売で使用したい」「自動販売機で使用したい」といった”固定線を引き込まない””短期間での”ネットワーク構築の要望です。しかし、携帯のテザリングなどでも大丈夫なのでしょうか。

ゲストネットワークだけならポケットWiFiで十分。ただし8台まで

結論から言えば、ゲストネットワークであればWimaxなどのポケットWiFiで十分です。ただしこれらのポケットWiFiの機械自体が6台〜8台のスマートフォンの接続にしか対応しません。1人あたり3台…なんていうのも標準的になる中、ポケットWiFiをそのままゲストネットワークとして提供するのはリスクが大きいです。

きちんとやるならQoS+高性能アクセスポイント

店舗や移動販売車でWiFiを提供したい場合、私の個人的なオススメは高性能なルーター(YAMAHAのRTX830など)+業務用AP+WiFi用のデータSIM(容量無制限)です。

この構成であれば、レジなどの機械の通信をQoSという機能で優先的に通信させ、余った帯域(通信可能領域)をお客様どうしでシェアしてもらうことができるのでレジが動かない!QRコード決済が使えない!などといった理由でお客様を逃すことが無くなります。

また、この構成は回線が引き込めないオフィスでもオススメ。IPSecという暗号方式を使用すれば、外部のユーザーがアクセスできないようにして社内の業務システムにアクセスしたり、社内にあるパソコンを(Windows標準の機能で)リモートデスクトップにて使用できたりして便利です。

なお、大容量通信が必要な場合、以下のような3日でXGBといった通信容量制限がないSIMもあります。通信容量が読めない、よくドライブ中にYoutubeをかけている、といった方にはこちらのSIMをオススメします。

ChatWiFi https://chat-wifi.com/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください